上限金利?下限金利?プロミスを利用するとどの金利が適用されるのか

プロミスの金利は4.5%〜17.8%となっています。
この金利は近年になって引き下げになったばかりのものです。
金利は幅がありますので自分にどの金利が適用されるのかわからないでしょう。
実際に利用してもまたその金利がどのくらいから変わるのかも明確にはなっていません。
銀行では融資限度額によって適用される金利が決まっていますしそれは公式ホームページをみるとすぐにわかるようになっています。
しかし消費者金融の場合どうでしょうか。
幅のある金利だけが公開されており、どの金額によってどの金利が適用されるのかもわかっていませんし、それを知ることもできません。
まず言えるのは上限金利である17.8%が適用されるだろいうところです。
金利に幅がありますのでもしかすればこのくらいの金額に下がるかもしれないと考えていたところでそれは予想にすぎません。
初めての借り入れではプロミスの審査によって個人のこれまでの債務実績などがわかります。
そして年収から他社の借り入れを含んだ支出項目を差し引くことによって利用限度額を決めることになりますが、そこには一切の信用がありません。
なにしろプロミスとの取引きがありませんのでたとえ過去の実績で他社への返済にトラブルがなかったとしてもそれはあくまでも他社との話。
現実問題としてプロミスとの取引がない以上、信用があるものではありません。
そのため信用がないというリスクをカバーするために金利は上限を適用されています。

消費者金融の申込方法について

消費者金融の申込方法としては大きく分けて三種類があります。
まず一つ目が「店頭で申し込む」という方法です。
これは最も古くから行われている方法であり、店頭に必要な書類などを持っていった上で申し込みを行い、そこで審査を受ける形になります。
ただ最近ではもっと便利な方法がありますから、最近では今一つ選ばれていない方法であるとも言えるでしょう。
次に二つ目が「無人契約機を使って申し込む」方法です。
これは各地で消費者金融が設置している無人契約機と呼ばれる機械を使ってお金を借りる申し込む方法で、直接人と会う必要がないために誰にもバレないで融資を受けられるというメリットがあります。
もちろん偶然知り合いと居合わせた場合にはバレるのですが、その場合相手も借金をしようとしているわけですから問題は無いでしょう。
そして三つ目が「インターネットで申し込む」方法です。
この方法は現在大手を中心に最も普及している方法であり、パソコンやスマートフォンといったインターネットに接続できる端末を使って申し込むタイプになります。
この方法のメリットとしては何よりも誰にも会わずに申し込みができ、また審査結果も早く出るというところでしょう。
申し込みさえしておけばあとは自宅で待っていれば良いわけですから、最も楽な方法であると言えます。
ただ契約書やATMを利用するためのカードなどは郵送で送られてくるために利用できるまでのタイムラグが大きいというデメリットがありますから、もしより早く融資を受けたいということであれば最終的な契約は無人契約機で行うなどの方法で対応して下さい。

お金を借りたいから何とか早くしてほしい

キャッシングの際に考えることは何でしょうか。お金を借りたいから何とか早くしてほしい、という切実な思いの人も多いことでしょう。今は法律の改正などで金利なども見直されていますし、年収の三分の一以上の借り入れは出来ないなどいろんなことがあるので、希望の金額を借りられるかどうかは審査の後に判ることとなります。
それに、そこそこ毎月稼いでいる人でも、あまりお金を借りることに慣れていなかった人がキャッシングを利用すると、返す時の金利などできゅうきゅうとさせられてしまったという話もあります。お金はあってもちょっと借りただけのつもりが、大変なことになってしまうわけです。借りる前には、条件などもしっかりと見てからにしたいものです。
お金を借りるということは、見た目以上に大変なことです。借りなくていいのであればそれに越したことはありません。ですが、どうしても病院へ行かないといけないなどの急を要することもあります。その場合には上手にキャッシングを活用して切り抜けていければいいのです。利用する人は皆大人ですから、我慢できるところ、必要な部分はきちんと判断できるはずです。
年収がどれぐらいかと言うこともあまり関係はありません。必要なときに必要なお金を用意できる生活をするのが一番大切です。もし借り入れをすることがあれば、出来るだけ早く返すようにする、と決めましょう。この三分の一という枠も一つのセーフティーネットと考えて、借りる時には本当にその選択がベストなのかも考えてみて下さい。